働き方

仕事に慣れて変わることと、変わらないこと

スポンサーリンク

 

こんにちは、めぐる(@fpmeguru)です。

 

 

今回は、私の今までの経験から

仕事に慣れて変わることと、変わらないこと

をお話しします。

 

就職・転職したばかり〜3年目くらいの方で、仕事が辛い・キツイ・辞めたい…と思っている方に、是非読んでいただきたいです。

時が解決してくれることって、あります。

しかし、解決してくれないこともありました。

 

「仕事に慣れる」と、どんなことが楽になるのか。今回はその辺りのお話をしたいと思います。

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

仕事に慣れるのは「3年」と「5年」

 

私は社会人になってから、3つの仕事を経験しています。

大学を卒業して、大手ジュエリーメーカーに就職。その後フリーランスで8年間働き、今の会社は今年で7年目になります。※Wワーク経験あり

 

3つとも全く違う業種&仕事内容で、どの仕事も未経験から入りました。

ほとんど何の知識もないところからでしたが、私がちょっと仕事が楽になったのは、3年経った時5年経った時でした。

(今まで一番長く働いたのが8年なので、その先はまだわかりません)

 

それでは具体的に何が変わったのか、どんなことがわかるようになったのかをお話しします。

なおこちらは私の経験からの見解です。仕事に慣れるスピードや何を辛いと思うかは人それぞれなので、こんなこともあるんだな〜という程度で読んでみてください♪

 

 

 

仕事を3年続けてわかったこと

 

・ルーティンがこなせるようになる

定期的にやる業務。毎日・毎週・毎月・毎年同じ作業をすること。

3年仕事を続けると、このような仕事はある程度1人でこなせるようになりました。

(ミスなく完璧にできる!というのではなく、誰かに聞かずにできるレベル)

 

・わからないことを誰に聞けば良いのかわかる

最初は何を誰に聞いたら良いのかわからず、トンチンカンな質問をしていたと思います。

それが、この仕事は誰に聞けばわかるか、この相談は誰にするのが良いか、というのを判断できるようになったのがこの時期でした。

 

・一緒に働いている人の人柄がわかる

仕事をしていると、どうしても合う人・合わない人が出てきてしまいます。

一緒に働いている人がどんな人なのか、わかってきたのもこの時期でした。

また、色んな人の立ち位置もなんとなくわかるようになります。社内であまり良く思われていない人とか、影響力のある人とか、各々どんな仕事が得意でどんな仕事が苦手とか…

これがわかっているだけで、社内の人間関係は楽になりました。うまく立ち回れるようになったのかもしれないですね。

 

・力の抜きどころがわかる

ずっと100%の力で仕事をしていたら、体力的にも精神的にもキツいと思います。

でも、最初は100%のつもりでやらないと、普通に仕事をこなすことすら難しいんですよね。(未経験者は特に…)

それが、少しだけ余裕ができたのもこの時期です。優先順位の判断ができるようになったり、業務の重要度が理解できるようになったのかな。

 

 

仕事を始めて1年くらい経った時も、色々わかったような気がしていましたが、今振り返るとそれはまだ「わかっている」とはいえない状態でしたね。

仕事を3年くらい続けると、業務や人間関係もある程度効率良くできるようになるんじゃないかな、と思います。

 

 

 

仕事を5年続けてわかったこと

 

・業界の雰囲気や人間関係がわかる

仕事を5年続けたら、近くの人たちだけでなく、業界全体の雰囲気や人間関係もわかるようになりました。

「要注意人物」みたいな人もわかってくるので(悪質なクレーマーとか)、そういう人と真面目に関わって疲弊することもなくなりました。

私は、この時期あたりから人間関係はかなり楽になりました。きっと心の余裕が出てきたんでしょうね。失礼な人や感じの悪い人はいますが、適当に受け流すことも覚えました。

 

・自責と他責の区別がつくようになる

自分の責任と他人の責任の区別がつくようになりました。

それまでは、自分が関わった仕事で悪い結果になった時に、自分のせいかも!自分はもっと何かできたんじゃないか!?と反省していました。

自分の責任とそうではないことがわかるようになると、かなりメンタル楽になります。実際に、自分の力ではどうにもできないことはあります。

リーダーや管理職になったら、こうもいかないのかな…。まだそのポジションになったことがないので、そこはわからないです。

 

・自分で判断できることが増えて、正確さも増す

5年くらい同じ仕事をしていると、自分で判断できる範囲がかなり広くなります。

「わからない」という状態って、かなりストレスがたまると思います。

使い方がわからない、用語の意味がわからない、何を聞かれているのかわからない、誰に質問すれば良いのかわからない、次にやることがわからない…

最初はこんな感じで、多くのストレスを抱えていたと思いますが、それがだんだん減ってくるので、精神的に楽になります。

 

 

スポンサーリンク

 

時が解決してくれなかったこと

 

・一緒に働く人の人柄

上司・同僚・部下・取引先・その他仕事で関わる人の人格は、変わらないと思った方が良いです。

苦手な人はいつまで経っても苦手なままです。笑

時が経てば、上手くあしらう方法を覚えたり、なるべく関わらないように過ごしたりはできるようになるかもしれません。しかし、とんでもないモンスターみたいな人が近くにいる場合は、早めに逃げるのも大事なのかな。(私は今まで、そこまでの人は近くにいませんでした。取引先とかにはいたけれど、そのレベルになると問題起こしていつの間にかいなくなっているので、長く関わったことはない)

ただ、どこにいっても合わない人はいます。

私は3つの仕事を経験しましたが、どの仕事でも苦手な人はいました。

「人間関係の良い会社!」みたいなキャッチフレーズもありますが、最初から全ての人とうまくいくのは、なかなか難しいことかもしれません。

 

 

 

もし今、私が経験した「3年やって変わったこと・5年やって変わったこと」が原因で仕事について悩んでいるのなら、それは時が解決してくれる可能性があります。

「時が解決してくれなかったこと」が原因なら、それはストレスで疲弊してしまう前に、環境を変えることを考えてみても良いかもしれません。

 

follow us in feedly
🎉応援クリックお願いします🎉

 

にほんブログ村 株ブログ 女性投資家へにほんブログ村 投資ブログ 分散投資へにほんブログ村 株ブログ 米国株へ
ブログランキング・にほんブログ村へ

 

⭐️オススメ⭐️

ポートフォリオ管理

配当管理アプリ

配当管理

配当管理

Takanori Ochiai無料posted withアプリーチ

 

 

PVアクセスランキング にほんブログ村

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
めぐる

めぐる

ブログ「資産形成の三本柱!」を執筆しています。 FP2級/AFP/ビジネス実務法務3級

-, 働き方
-

© 2021 資産形成の三本柱!