働き方

収入の柱を考える!〜副収入の目的と成果〜

スポンサーリンク

 

こんにちは、めぐる(@fpmeguru)です。

 

 

このブログでは、資産形成について主に私の経験を元に執筆しています。

今回は「攻」「収入を上げる」部分について。

 

私は今、地元の中小企業で6年程働いています。

この仕事(以下「本業」とします)以外にも、いくつか他の収入源があります。

 

何をして稼いでいるのか?

どのくらいの収入があるのか?

何のためにやっているのか?

 

それらを詳しく掘り下げて、リアルな話をお届けしたいと思います。

 

※この記事は、副業に関して何かを推奨したり勧誘したりという目的は一切ありません

 

 

 

 

スポンサーリンク

副収入を得るために、具体的に何をしているのか

 

収入を上げたいと思った時に、本業以外の収入を得るというのは皆様考えたことがあると思います。

でも、実際には何をすれば良いのだろう?(なんか怪しそうな話も多いし…)

 

ここでは私が副収入を得ている方法を具体的にご紹介します。

 

・本業以外の労働収入(アルバイトなど)

・株式等の配当金・売却益など

・ブログやSNSでの広告収入・アフィリエイト

 

詳しく見ていきます。

 

本業以外の労働収入と条件

バー(ガールズバーのような接待を伴うところではありません)のスタッフで、時給が1800円。22時以降は×1.25。

 

私は前職の仕事柄、飲食店のオーナーや責任者との繋がりがあります。

知り合いがやっているお店で、プライベートでも何度か足を運んでおり、人手が足りないから手伝って欲しいと言われたのがきっかけ。

フードやドリンクは別の人がやってくれるので、私はビール注ぐのとお通し出すのと注文を紙の伝票に記入するくらい。笑

東京都のバーテンダー(バースタッフ)のアルバイトの求人を見てみましたが、知り合いとはいえ時給1800円は破格ですね…

雇用形態は「アルバイト」です。

 

株式等の配当金・売却益など

※確定した収入ということで、保有している株式等の含み損益は今回は考えないことにします

 

具体的には株式、投資信託(ETF・REIT含む)、ソーシャルレンディング、預金の利息。

預金の利息は微々たるものなので、考えなくて良いでしょう…。

ソーシャルレンディングは、今はやっていません。それについて私の考え方を書いた記事はこちら↓

 

ブログやSNSでの広告収入・アフィリエイト

【広告収入】※Google AdSense

・ブログ

【アフィリエイト】

・ブログ

・YouTube

【ポイントでの収入】

・楽天ROOM

・楽天レシピ

 

です。

これらに関しては、やっている目的が重要になるので、そちらをご覧ください。

 

 

 

副業の目的

 

どのくらいの収入があるのかをお話しする前に、副業の「目的」が重要になります。

 

私が本業以外での「副収入」が欲しいと思ったのは、以下の2つの理由です。

・お金はないよりあった方が良い(お金があった方が選択肢が増えるのは事実)

・本業がダメになった時のリスクヘッジ

 

それでは、各々の副業の目的を見ていきましょう。

 

 

【本業以外の労働収入】お金のため

アルバイト代は日払い(その日に貰える)ので、直近で収入を増やしたい時や、特にやりたいこともなく暇な時に最適。

スタッフの人やお客さんも知っている人が多く、楽しく働けます。

 

なお、仮にこれを本業としてほぼ毎日働くとなったら、時給は低くなって仕事内容は増えるでしょう。

また、「働かせてください!」といって必ず雇ってもらえるとも限らないので、リスクヘッジには不向きかと思っています。

 

 

【株式等の配当金・売却益】本業がダメになった時のリスクヘッジ

これは以前ブログにも書いた「後ろ盾」の部分です。

 

仕事をしているうちは、収入の+α。

もし何かあって今の状況で働けなくなってしまった場合は、その時の収入源。

リスクヘッジとしてまずは現金を用意していますが、それに加えて数年前から資産運用を始めました。

 

株式等の配当金や売却益で生活するにはかなりの元手が必要なので、今の段階では無理がありますが…

収入のベースは本業なので、それ以外の「不労所得」があるという安心感。

将来的には、年金の足しにできたら良いなぁと考えています。

 

 

【ブログやSNSでの広告収入・アフィリエイト】自己満足

この後収入の割合などを公表しますが、おそらくしょぼっ!!と思われるでしょう。笑

ただこれは何を目的とするかによると思っています。

ブログやSNSを副収入としてしっかりと稼ぎたいのであれば、やり方によってもっと結果も出ると思います。なので私の公表した数字を見て「ブログオワコンw」「副業として成り立たない」とは思わないで欲しい。ちゃんとそれで稼げている人もいます。

 

じゃあ何故「稼ぐためのやり方」をあまり積極的にやらないかというと、正直なところ、「お金のこと」を発信するこのブログとアフィリエイトは相性が悪いと個人的には思ってしまうんですね。

それは「人は、利用されていると感じると一気に引く」ということに尽きます。

「お金の事件簿シリーズ」第1作目の題材でした!

 

「守」(節約・節税等)や「攻」(資産運用・副業等)は、私のブログよりも細かくわかりやすく書いてある記事がいくらでもあるでしょう。

そんな中で私のブログでは、お金に関する多様な価値観を伝えて、それが誰かのヒントになってくれたら嬉しいなと思っています。

 

めぐる
幸せになる選択肢は、たくさんあった方が良いよね

 

アフィリエイト自体を批判するつもりはありません。ただ私のこのブログの方向性と合わないなってだけ。

 

もう一つのブログ「持ち家女子の家計簿」やYouTubeでは、実際に自分が購入した生活雑貨やお気に入りのお家グッズ等を紹介していますよ〜♪(しかしこれも、私の住環境への強いこだわりで、良いと思ったものしか紹介していません…笑)

 

 

 

スポンサーリンク

収入の割合

 

それでは、過去1年間の収入の割合を公表します!!

 

本業:97.5%

本業以外の労働収入:1.6%

株式等の配当金・売買益:0.5%

ブログ:0.4%

 

※ブログ・SNS等は昨年の7月から始めたので、2019年8月〜2020年7月のデータを1年としています

※本業は手取りで計算しています

 

…ま、まぁまだ副業1年生ですので!!笑

これから本業以外の収入アップもできたら良いですね〜♪

 

 

 

収入の柱の徹底比較!!

 

それでは、私が持っている収入の柱を様々な点から比較していきます。

その前にまず、「収入を得るために犠牲にするもの」で種類分け致します。

 

時間・労働力→本業・本業以外の労働収入・ブログやSNS等

自由に使えるお金(「犠牲」というより「お金が拘束される」と考えた方が良い)→株式等の配当金・売却益

 

これは同じ「副収入」でも、収入を得るための元手(?)が違います。なので、株式等の配当金・売却益は比較対象にならないものもあります。

 

時給換算

本業以外のアルバイト>本業>>>>>ブログ・SNS等

 

本業以外のアルバイト(深夜手当も含め)と本業は、時給換算したらほぼ同じくらいでした。

しかしアルバイトの方は社会保険料等が引かれていない額になるので、改めて本業のありがたみを実感…!!

ちなみにブログは、時給36円でした。笑

ブログ・SNS等では、楽天レシピは優秀かなと思います。

1つレシピを投稿すると楽天ポイントが50ptもらえます。他にもつくったよレポート投稿で10ptなど、自炊をする人にとっては良いんじゃないかなと思います。

 

※株式等の配当金・売却益に関しては時間の概念がないので、比較対象から外しています

 

使った時間

本業>>>>ブログ・SNS等>本業以外のアルバイト

 

1年間で収入を得るために使った時間です。ざっくりと割合も出してみました。

本業:83.3%

ブログ・SNS等:15.5%

本業以外の労働収入:1.2%

 

「副収入を得るための手段」と考えると、ブログやSNS等は非効率ということになってしまいますね。

私はブログを1記事書くのに平均3時間くらいかかってしまうんですよね…。

もちろん1時間弱で書けるものもあるし(月々の運用成績の報告など、書くことやフォーマットが決まっているもの)、6時間以上かけて完成するものもあります。

YouTubeもまだ始めたばかりなのもあり、編集に結構時間がかかってしまいますねー。

 

 

楽しさ・やりがい

ブログ・SNS等>株式等の配当金・売却益>本業以外のアルバイト>本業

 

見事に収入金額と反比例しているのですが…笑

 

「やりたくない事をやっていない順」なのかもしれませんね。

株式等の配当金・売却益に関しては、私は投資する銘柄を選んでいる時も楽しいし、値動きを見るのも結構楽しくやっています。

 

 

 

それぞれの収入源のリスク

 

これらの収入源には、それぞれリスクがあります。

 

本業→会社の業績悪化による減給・リストラ等。会社倒産。

本業以外の労働収入→働きたい時に働けるかはわからない。(実際に今年は新型コロナウイルスの影響で、一度もそこで働いていない)

株式等の配当金や売却益→元本割れの可能性がある。

ブログ・SNS等→時間の割に稼ぐのは難しい。

 

めぐる
「収入」という面でもリスク分散は大事だね!

 

 

 

スポンサーリンク

知識や経験もなく、楽して稼げるものはない!

 

今回はざっくばらんに私の「副収入」についてお話しいたしました。

私は今のところ本業以外にも3つ収入源がありますが、結局どれも楽して稼げるものではないということ。

 

本業以外の労働収入は、それまでの私の仕事や、プライベートでお店に遊びに行った時の他のお客様やスタッフさんへの対応が、こういう形で評価されたもの。(私が嫌な奴だと思われていたら、人手が足りなくても「手伝って欲しい」とは言われなかったと思う…)

投資は、頑張って勉強しました!とは言えないレベルだけれど、元本割れのリスクは背負っています。

ブログやSNSやYouTubeは、楽しいからやっているけれど、費やした時間と収入を考えると、もはや副業と呼んでいいのかわからない。笑

 

労働以外でお金を得るためには、時間とか努力とか知識とか経験とか、下積みのようなものが必要なんだろうなぁ〜。

 

めぐる
想像力や度胸も大事かもしれない

 

今はお休みしていますが、私は以前資格の勉強もしていました。

これからの副収入に繋がるかはわかりませんが、リスクヘッジという点でも名目として資格を持っているのは良いかな、と思います。

これも下積みという意識の一つかな。

 

 

 

私がやっている以外の、他の収入源

 

最後に、私の周りの人で実際に「本業以外の収入を得ている方法」をご紹介します。

しかしどれも、時間や労働力・知識・経験等が必要なものになります。

 

・本業以外の労働収入→多岐に渡る。最近ではウーバーイーツを始めた友人がいます。あとはアクセサリー等を作ってメルカリやラクマで販売している人がいます。

・不動産投資→専門的な知識が必要なので、実際にやっている人(できれば身内・友人等で信頼関係のある人)の話を聞いた方が良さそう。

・せどり→私はやったことがないので、よくわからない…ですが、周りにやっている人はいます。どんなものなのか、今度詳しく聞いてみたい。

 

 

 

まとめ!

 

私は、「収入の柱はたくさんあった方が良い」と思っています。

 

今回は、私の副収入についてお話しましたが、これらについて私は何かを推奨したり勧誘するつもりは一切ありません。

 

ここまで読んで頂いた方々の、何かの気づきのきっかけになれば幸いです。

 

 

私は資産形成については駆け出しのヒヨっ子で、今回公開した副収入の成果もまだ始めたばかりのものなので、今後長い目で見て成果も報告していけたら良いなと思っています。

 

 

 

🎉応援クリックお願いします🎉

 

にほんブログ村 その他生活ブログ マネー(お金)へにほんブログ村
ファイナンシャルプランニングランキング

 

 

⭐️オススメ⭐️

ポートフォリオ管理

配当管理アプリ

配当管理

配当管理

Takanori Ochiai無料posted withアプリーチ

 

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

-, 働き方
-,

© 2020 資産形成の三本柱!