お金のこと 体験談

お金の事件簿番外編〜その情報、本当に大丈夫?〜

2020-04-19

スポンサーリンク

 

こんにちは、めぐる(@fpmeguru)です。

 

以前「人間関係をダメにしたお金の事件簿」シリーズを書きましたが、今回はその番外編です。

こちらのシリーズに出てきたC子さんとのお話。

 

 

お金の事件簿番外編

その情報、本当に大丈夫?

 

 

スポンサーリンク

 

 

以前のお話&お友達はどういう子なのか

 

お金の事件簿シリーズで書いたそのお友達の記事はこちらです↓

 

C子さんがどんな子かというのを簡単に説明すると

 

無意識に搾取しやすく、搾取されやすい人

 

だと私は思っています。

 

 

「身内」というパワーワードで、(タダで)やってもらうのは当たり前という感覚を持っています。

悪い人ではないので、逆にやってあげるのも当たり前、と思っています。

 

C子さんはコスプレが趣味なのですが、とても器用で、自分で衣装や小物を作っています。

よくコスプレ友達に「こういうの作って〜♪」と言われて、お金は貰わずに作ってあげているそうです。

 

私は、人に手間や労力をかけさせたり、専門的なことをやってもらったら、基本的にはお金(もしくは何かしらのお礼)が発生するものと思っています。それが仲の良い友達でも。

ただこれは価値観の違いで、どっちが正解!というものでもないです。

周りの環境にもよると思うし、私の考えも偏っていると思っています。

 

 

 

新聞に載っていたから大丈夫!?

 

先日、C子さんと旦那さんと、ZOOMで世間話をしていました。

 

「いや最近コロナでめっきり仕事減ってさー。めぐるさんのところは大丈夫なの?」

「あ、そうねー。うちもちょっと受注は減ってるけど、普通に動いてますよ!

それよりさ、大変なのはマスクだよ!マスク!!」

「あー、マスク今どこにも売ってないよねー」

「仕事で支給してるマスクが残り少なくて、ついに通勤途中にあるコンビニとドラッグストア寄ってから出勤してって命令が出たよ!遅刻が公認になった笑」

「…あ!!それなら、今日新聞に、マスク在庫ありますって広告出てたよ!すぐ発送してくれるって!」

「え、今の時期に??」

「うん!新聞に載ってたから大丈夫だよ!!!

 

 

スポンサーリンク

 

怪しさ満点に見えた広告

 

C子さんは、すぐに新聞広告の写真を送ってくれました。

 

しかし…私は正直なところ、かなり怪しいな、と思いました。

ちなみに私はそこで買わなかったので、本当に怪しい業者なのかはわかりません。そのことを前提に話を進めます。

 

 

その広告の怪しかった点

①企業の情報がメールアドレスしかない

→「お問い合わせはこちら」と書いてあるのが、メールアドレス。それ以外の情報(電話番号や公式ホームページ・SNS等)はない。

念のためメールアドレスを検索したら、ヒットせず。

会社の名前で検索したら、公式なホームページもない。

メールアドレスも、よくわからないドメイン(そもそもドメインだったかも謎)でした。

 

②Twitterが「今作りました!」みたいな感じ

→その会社らしきTwitterは見つけました。(これもなりすましの可能性もあるし、本物かわからない)

しかしユーザー名がランダムなアルファベットと数字の羅列で、マスク販売のために今作りました!みたいなアカウント。

そこにも会社の所在地や電話番号などの記載もなし。DMで注文を受け付けていると書いてありました。

ちなみにこれは2週間くらい前の話なのですが、今調べたらTwitterアカウントは見つけられませんでした…。アカウント名を変えたのでしょうか?どこいった??

 

③値段や枚数等の情報がない

→マスクの値段や何枚入りなどの情報がありませんでした。

公式ホームページや公式な販売フォームも見つからなかったので、値段や枚数がわからず仕舞い。

 

 

 

物の価値(値段)とは

 

(新聞広告に載っているとはいえこの業者、大丈夫だろうか?)

 

そもそも最近、某新聞の公式のショップで、マスクが23300で売られていたなどということもあります。

これに関して私は原材料や使い方(洗って繰り返し使える物だったらしい?)や性能もよく知らないので、何とも言えませんが…

まぁ、パッと見ただけだと「やたら高い!!」って思いますよね。

 

私は、物の価値(値段)とは、需要と供給のバランスで決まると認識しています。

需要が多くてモノが少なければ、モノの価値(値段)は上がる。

需要が少なくてモノが余っていれば、モノの価値(値段)は下がる。

 

これに関しては、転売ヤーを例に面白く説明してある記事がありますので、是非ご覧ください。

難しいこと?わかんないよ!って方でも、コミカルな表現で読みやすいですよ!

 

 

この記事にある通り、情報リテラシーって本当に大事だなと思います。

 

 

 

信頼できるものは何なのか、判断するのは本当に難しい

 

最初にマスクの話を聞いた時に、実は私も何の疑いもありませんでした

だって、新聞に載っていたんだもんね

 

そして私は実際に買っていないので、この業者が怪しいのか、正規の値段でちゃんとしたマスクを販売してくれた業者なのかはわかっていません。

 

ただ信頼できるものは何か判断するのはとても難しいな、と思った出来事でした。

 

感覚的に、やっぱり新聞やテレビは、信用できると思っている人が多いんじゃないかな。

私自身もきっとそれらを無意識に「信用できる」と思い込んでいた部分もあると思う。

(何の根拠もなく、多くの人の目に触れるものだからという理由で)

 

 

私はいつしか無知って知らぬ間に搾取されるんだと気づきました。

自分や自分の周りの人たちを守るためには、ある程度の知識は必要だと思っています。

広く深くの知識は難しいですが、せめて違和感に気付けるようにはなりたい。

 

今回もメールアドレスに違和感があり、調べていくうちに、ここでは買わないという選択をしました。…が、この判断も正解かどうなのかは、知る術もありません。

 

 

無知故に騙されてしまうこともあれば

疑いすぎる故に判断を間違うこともある

 

 

特に今のような状況では、コロナウイルスによる不安や焦りにつけ込んだ詐欺だったり、次々に色んな政策案が出ることによってそれに関する詐欺が増えたりするんじゃないかと思っています。(マスク配布とか、現金給付とか…)

一人一人の判断力と、少しでも怪しいと思ったら周りに相談することが大事なのではないでしょうか。

 

 

 

Cさんの素晴らしい生活力

 

「新聞に載ってるんだから大丈夫!!」と力強く言ったCさんは、その新聞に載っていた業者からマスク買ったのかな…と気がかりで、数日後にLINEをしました。

 

「この前はありがとうねー。そっちはマスク大丈夫なの?」

「うん!ネットで調べて手作りマスク作ってるの♪結構楽しいよ!お仕事じゃ使えないと思うけど、よかったらめぐるちゃんにもあげるよー!」

 

そう言って送られてきた手作りマスクの画像…

めっちゃ可愛い!!!(花柄のマスクだった!!)

 

聞くところによると、生活必需品は元々買い置きがあったらしく、トイレットペーパーやティッシュペーパーが品薄になった時も、特に困ったことはなかったそうです。

スーパーから食材がなくなった時期も、きちんとあるものでやりくりして。

 

素晴らしい生活力!!

(実家からトイレットペーパー貰った私はいったい……)

 

 

 

スーパーマンではないので

 

私は何でもできるスーパーマンではないので、信頼できる人たちと助け合って生きていこうと、こういう状況になってより実感しました。

 

今後もより多くの情報を手に入れられるようになり、判断力を磨くことが大切になってくるんだろうなぁと思います。

 

 

スポンサーリンク

 

⭐️お金の事件簿シリーズ⭐️

 

 

 

 

 

 

 

 

🎉応援クリックお願いします🎉

 

にほんブログ村 その他生活ブログ マネー(お金)へにほんブログ村
ファイナンシャルプランニングランキング

 

 

⭐️オススメ⭐️

ポートフォリオ管理

配当管理アプリ

配当管理

配当管理

Takanori Ochiai無料posted withアプリーチ

 

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
めぐる

めぐる

ブログ「資産形成の三本柱!」を執筆しています。 FP2級/AFP/終活ガイド上級/ビジネス実務法務検定3級

-, お金のこと, 体験談
-,

© 2020 資産形成の三本柱!