体験談 その他

苦手なものと上手く付き合っていこうと努力した結果…

2021-01-24

スポンサーリンク

 

こんにちは、めぐる(@fpmeguru)です。

 

 

私はこの世でど〜〜〜しても苦手なものが3つあります。

雷・水・車

です。

 

今回は、これらと上手く付き合うための努力や、その努力をした結果どうなったか、というのを書きたいと思います。

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

雷を苦手になったきっかけ

雷というより、大きな音が苦手です。

ただ、鳴るタイミングがわかるものはまだ大丈夫です。(その瞬間に耳を塞ぐこともできるし)

 

雷はいつどこで落ちるかわからないので、子供の頃から嫌でした。

それが今かなり苦手になったのは、雷が近くに落ちて過呼吸になってしまったことが原因です。

大きな音でビックリしたのに加え、過呼吸で息が苦しく顔や手足が痺れ、初めての経験だったこともあり、パニックでした。

幸いその時は周りに人がいたので、対処してもらって、しばらくしたら落ち着きました。

 

それからというもの、雷が近くに来ると「大きな音が鳴るんじゃないか」という不安と「また過呼吸になったらどうしよう」という不安で、頭がそのことでいっぱいになってしまいます。

 

雷対処法

雷は自然現象なので、これからずっと付き合っていかなくてはいけません…。

 

私の雷対処法は

・雷の危険がある時は雷レーダーをチェック!

(Yahoo天気のアプリを使っています。結構正確でありがたい!!)

・耳栓・防音用イヤーマフで完全防備!

・家にいる時はお風呂にこもる!

(うちの構想上?お風呂が一番聞こえにくいことがわかった)

 

耳栓は、MOLDEXの遮音値/NRR33dBのものを家や職場や鞄の中に常に持ち歩いています。


イヤーマフは、PELTOR H540A(NRR30dB)というのを使っています。家と職場に2台あります。

 

 

雷が鳴っている時は極力外に出ないように、雷レーダーをアプリでチェックしながら、なんとか対処している感じですね。

夏は屋外のイベント等は避けています。暑い中神宮球場で飲むビールは最高だったのに…。

 

 

 

スポンサーリンク

 

水を苦手になったきっかけ

子供の頃から、津波に襲われる夢と、車の制御がきかなくなる夢を何度もみていました。

この2つはきっと、何か潜在的に恐怖があるのでしょう。

 

3歳の頃、親子スイミングスクールに通っていたのですが、母親が妊娠し、私はインストラクターさんとレッスンを受けることに。

その時インストラクターさんに半ば無理矢理水の中に潜らされ、ギャン泣き

もうスイミングは一生行かない!!!…となったのが原因なんじゃないかと母親が言っておりますが、私はこの時の記憶はありません。

 

水対処法

見るだけで恐怖!!とかはないので、とりあえず水が苦手なことをきちんと意識して行動することですね。

 

以前セブ島に旅行に行った時に、ダイビングの体験をしました。

資格などはいらない、誰でもできるオプショナルツアーを申し込んだのです。

私はその時「酸素ボンベもあるし、みんな出来るんなら大丈夫でしょ」くらいに思っていました。

 

しかし!!明らかに私だけおかしかった!笑

説明を受けて、まずは浅瀬で練習するのですが、この時点で他の人より全然できていなくて…

インストラクターさんに「大丈夫?」と聞かれましたが、まぁ何とかなるだろうと思って海に潜ったら…

全然大丈夫じゃないwww

 

酸素ボンベがあるので、息はちゃんとできるはずなのに、やっぱり怖くて軽くパニックでした。

水の中っていう視覚で怖いんでしょうね…。

 

綺麗なサンゴや熱帯魚を見るツアーのはずが、地獄を見ているようでした。笑

(というか、必死すぎてほとんど覚えていない)

 

苦手なものに関しては、「みんなやってるから大丈夫!」なんて甘い考えをしてはいけないんだな、と痛感しました…。

 

 

 

 

車を苦手になったきっかけ

車の運転もおそらく子供の頃から恐怖心がありました。

 

大学生の時、嫌々ながらも免許だけは取り、そこからはペーパードライバーでした。

ちなみに私は、今の今まで一度たりとも、車を運転したいと思ったことはない!

センスがないから嫌なのか、嫌だから上手くならないのか…

 

数年前から、仕事で少しずつ運転するようになりました。

私は運転が苦手なことを伝えてあるので、誰も対応できる人がいない時に敷地内で少し動かすとか、会社から数キロのところに車で荷物を取りに行くとかその程度ですが。

 

しかし昨年末、ついにやってしまいました…

会社の車を、割と派手にぶつけました。笑

敷地内で車庫に入れる時に、がしゃーんっと。

修理に運ばれていく車を見て、何だかとても悲しい気持ちになりました。

ここで車に対する苦手意識が更に強くなります。

 

そしてその1ヶ月後

また、ぶつけました。笑

今度は会社から数キロのところに荷物を取りに行ったのですが、その日は風が強く、駐車して運転席のドアを開けたら…

風に煽られて、隣の車の助手席のドアにばこーんっと。

これは相手があることなので、結構大変でしたね。新年早々警察のお世話になり、もう何やってんだか…。

 

さすがに自己嫌悪に陥り、その日家に帰って一息ついたら

人生2度目の過呼吸になりました。

2度目だったので、何とか自分で落ち着けたのですが、その日はずっとひどい頭痛で何も食べず飲まず眠れず…

どうやらとてつもないストレスだったようです。

 

車対処法

車を運転しない!ということで、良いでしょう!

ちょっとお給料下がるのも覚悟の上で、もう運転させないでくださいと上司に伝えたら

あっさりOKでした。

(むしろ会社側も、私に運転させてたら多大な損害を被ると実感したのだろうか)

 

車を運転する人からしたら「車ぶつけるのなんて誰もが通る道だよ」と思うかもしれませんが、それでここまでのストレスを感じてしまうのは、やっぱり特別苦手なんです…。

 

 

 

スポンサーリンク

逃げるは恥だが役に立つ、とはこのこと

 

苦手なものを克服する努力も大事ですが、本当に苦手なことからは、逃げた方が良いというのが私の今までの経験からの持論です。

頑張ろうと努力した結果、むしろ周りに大きな迷惑をかけてしまったり、自分にものすごい負担をかけてしまったりします。

苦手なものは素直に人を頼る、苦手なことを周りに伝えて協力を仰ぐ、というのも努力の一つなのかなと思います。

 

今回は私の克服できなかったものをお話ししましたが、苦手なものを克服できた経験もあります。

例えば料理はずっと苦手意識がありましたが、今はとても楽しくやっています♪

パソコンも苦手でしたが、今の仕事で使うようになり、趣味でブログやYouTubeを始めたら、ちょっとしたデザインや動画編集ができるようになってしまいました!驚き!

読書も、昔強制的に本を読まされたせいで、嫌いでした。しかし今は趣味の一つです。

 

 

今克服できないものも、もしかしたら数十年後には克服できるかもしれません♪

人間なのできっと、どうしてもできないことの一つや二つあります。

できない自分を認めて、周りに協力してもらったり、時には逃げることも大切なんじゃないかと私は思っています!

 

follow us in feedly
🎉応援クリックお願いします🎉

 

にほんブログ村 株ブログ 女性投資家へにほんブログ村 投資ブログ 分散投資へにほんブログ村 株ブログ 米国株へ
ブログランキング・にほんブログ村へ

 

⭐️オススメ⭐️

ポートフォリオ管理

配当管理アプリ

配当管理

配当管理

Takanori Ochiai無料posted withアプリーチ

 

 

PVアクセスランキング にほんブログ村

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
めぐる

めぐる

ブログ「資産形成の三本柱!」を執筆しています。 FP2級/AFP/ビジネス実務法務3級

-体験談, その他
-

© 2021 資産形成の三本柱!