投資 運用成績

【日本株・ETF】2020.05運用成績

2020-06-01

スポンサーリンク

 

ポートフォリオ

 

 

 

※()内は前月比

 

9861:吉野家ホールディングス +37.0%↑12.7%

8267:イオン +28.6%↑11.5%

2798:ワイズテーブルコーポレーション  -18.2%↑16.6%

7192:日本モーゲージサービス -2.3%↑25.9%

3281:GLP投資法人 +4.5%⭐️NEW

8591:オリックス -13.0%↑8.5%

3387:クリエイト・レストランツ・ホールディングス +9.5%↑30.2%

7918:ヴィア・ホールディングス -24.9%↑7.6%

1555:上場豪州リートETF -13.2%↑8.6%

9433:KDDI -1.3%↓1.1%

2529:NF株主還元70ETF -8.7%↑5.1%

3175:エー・ピーカンパニー -10.4%↑13.9%

2515:NF外国リートヘッジ無 -10.5%↑1.6%

2418:ツカダグローバルホールディング -31.1%↑10.2%

1546:ダウ・ジョーンズ工業株30種ETF +4.0%⭐️NEW

2764:ひらまつ -42.3%↑16.2%

2519:NF新興国債ヘッジ無しETF -1.7%↑4.4%

2561:iシェアーズ日本国債ETF -2.2%↓0.7%

1496:iシェアーズ米ドル建て投資適格社債ETF 為替ヘッジ有 +0.4%↑1.8%

8173:上新電機※1株

 

 

【評価損益合計】-0.9%

↑14.5%(先月:-15.4%

 

 

 

 

取引・総評

売買

買→KDDI※プチ株積立、GLP投資法人、ダウ・ジョーンズ工業株30種ETF

売→プロスペクト

 

配当金

1株当たり・税引前

NF株主還元70ETF 14円

IS日本国債ETF 2円

IS米ドル建て投資適格社債ETF 為替ヘッジ有 20円

吉野家ホールディングス 10円

 

総評

かなり値を戻してきました♪

株主優待目当てで外食産業が主なので、戻すのに時間かかるかなぁと思っていましたが。

株価下落時に購入したクリレスは、もう結構プラスになっていますねー。

 

ただ、緊急事態宣言が解除されたとはいえ、コロナウイルスも今後どうなるかはわかりません。第二波が来てまた自粛要請があるかもしれない。

そして自粛期間の煽りを受けた時期の決算もどうなるかですね。これが織り込み済みの株価なのかは、ちょっと判断できかねます…。

 

 

プロスペクトを売却した理由

不安要素があったからです。

 

この銘柄を買ったのは、まだ投資を始めて間もない時。色々挑戦してみようキャンペーン中でした。笑

低位株を買ってみよう!

ということで、当時株価が19円だったこの銘柄を買いました。

 

今回、臨時株主総会が行われるにあたり、私自身の情報を処理する力が追いつかず、適切な判断は出来ないと感じて売却することにしました。

 

 

資産運用の一つとして株式投資をしていると、株価や配当金に目が行きがちですが、株主って会社の経営に参加できる権利もあるんですよね。

議決権や、株主総会での議題を提案する権利、責任追及等の訴え等。

※一定の条件を満たした場合

 

今回は、一つの会社の株主になるということを、改めて考えさせられる出来事だったと思います。

これはこれで面白いとは思いますが、資産形成と考えるとちょっと視点が違うかな、とも思いました。

 

100株しか持ってないし、金額は本当に大したことありません。

でも私は、数千円でも「違和感のある銘柄を保有し続ける」というのが、性に合わないようです。

 

これで今後この銘柄の株価が何十倍何百倍…ってなったら、今の自分の無知さを恨みましょう。笑

 

めぐる
人は失敗から学ぶとも聞く

 

個別株は難しい、と改めて思いました。

(一応、千円ちょっとの売却益が出ました。笑)

 

 

(3281)GLP投資法人、(1546)ダウ・ジョーンズ工業株30種ETFの買付

これは配当金目当てです。

私のポートフォリとだと、今は配当金が米国ETFに偏っています。

そうすると外国税もかかるし為替の影響も受けるので、円で配当が受け取れる銘柄を探していました。

 

Jリートは配当戦略としてはありだと思っていましたが、私が不動産の知識が浅く、なかなか手が出しづらかったです。

また、単価が高い銘柄も多く、今回の暴落でかなりボラティリティが大きかったのもあり、結構考えました。笑

リートも色んな不動産に投資するものがありますが、GLP投資法人は物流施設に特化したリートです。これは欲しい!と思いました。

 

ダウ・ジョーンズ工業株30種ETFは、NYダウに連動するETFです。(円換算値)

少し信託報酬は高め(0.495%)ですが、日本円で配当金が受け取れるので、外国税や為替リスクを考えたときに、このくらいなら許容範囲かなと。値上がりも期待できそうですし!

配当利回りも現在3.8%くらいあります。

 

 

保有銘柄の株主優待延期・変更・廃止

吉野家HD

有効期限が2020年5月31日までの優待券を、2020年8月31日までに延期

イオン

2020年6月20日までのキャッシュバック受取期間を、次回の返金期間(2020年10月21日〜2020年12月20日予定)でも受付

ワイズテーブルコーポレーション

有効期限2020年5月31日までの優待券を、2020年11月30日までに延期

ヴィア・ホールディング

商品交換廃止。

有効期限2020年6月30日の優待券、2020年版ヴィアグループ割引券付カレンダーを、2020年9月30日までに延期。

ツカダグローバルホールディング

QUOカード廃止。

自社グループ施設で使える割引優待券を1枚→2枚に拡充。

 

 

 

今後

 

日本プロロジスリートの購入も考えています。 (こちらも物流施設を主な投資対象としたリートです)

ただ単価が高いので、頃合いを見計っています。

これだけだと物流施設に偏ってしまうので、JリートETFで少し分散させることも考えています。

 

そろそろ引っ越しに関する大きなお金の動きも落ち着いたので、現金とのバランスは保ちつつ、徐々に投資に回していきたいと思います。

 

めぐる
それでは、来月も良き投資ライフを! 

 

 

※投資はご自身の判断でお願いします。

 

 

 

🎉応援クリックお願いします🎉

 

にほんブログ村 その他生活ブログ マネー(お金)へにほんブログ村
ファイナンシャルプランニングランキング

 

 

⭐️オススメ⭐️

ポートフォリオ管理

配当管理アプリ

配当管理

配当管理

Takanori Ochiai無料posted withアプリーチ

 

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
めぐる

めぐる

ブログ「資産形成の三本柱!」を執筆しています。 FP2級/AFP/終活ガイド上級/ビジネス実務法務検定3級

-投資, 運用成績,
-,

© 2020 資産形成の三本柱!